スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LED HEADLIGHT

sphere_light
 隼(GSX1300R)の車検から少ししか経ってないのですが、ヘッドライトのロービームが切れました。前のオーナーがHIDにしていて、おそらくバルブ切れと思われますが、いつ換えたのか分かりません。バルブだけではなく、バラストから交換するとなると、結構なお値段だったので、LEDに換えてみました。

 LEDは、車検対応品でも車検に通らない場合があるようなので、日本製で定評のある、『バイク用スフィアLED RIZING H7(5500K 12V 20W)』にしてみました。なお、ルーメンは2700lm、製品寿命は30,000時間で保証期間は2年間となってます。

 併せて、ポジション球も『RAYBRIG(レイブリック)LEDバルブ T10 SL21(6300K 12V 0.5W)』に交換しました。
 また、セキュリティのリモコンの電池が無くなって解除ができず、エンジンが掛からない現象が発生したので、電池(23AE 12V)を交換しておきました。


sphere_light_2
 交換後のヘッドライトです。ハイビームはハロゲンバルブのままなので、黄色っぽいですが、ロービームとポジションは青白い感じです。

 まだ、夜間走行はしてませんので、停止状態での感覚はHIDよりは少し暗いかもしれませんが、十分な明るさではないかなと思ってます。それと、交換後は光軸がずれていたので、光軸の調整は必要です。

 また『RAYBRIG(レイブリック)LEDバルブ T10 RF11(6000K 12V 1.0W)』も取り寄せておいたので、車のポジション球も交換してみました。プジョー207は、球切れの警告機能があり、LEDは消費電力が少ないため、球切れ警告灯が点灯するようですが、LEDの消費電力の違いなのか、警告灯がない車種(グレード)なのか分かりませんが、点灯しませんでした。警告灯が点灯した場合、キャンセラーをつければ良いのでしょうが、これは抵抗で電気を熱に変えて放熱しているので、結果、省エネにはならないので、悩みどころです。ただ、アクセサリーONの状態でボヤッと光るゴースト現象が発生しましたので、スモールライトを点灯していない状態で微妙に光ってます。

 これぐらいの性能であれば、車のヘッドライトもLEDに変えても良いのでしょうが、バルブのLED部分が熱を持たないことから、雪が付着した際に溶けない可能性があるため、これが解決されるまでは、ハロゲンバルブのままで良いかな。それとも、悪天候時に使用するフォグランプがハロゲンバルブなので、ロービームだけLEDにするかな。ただ、ヘッドライトは球切れ警告灯のキャンセラーが必要かも。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nekonote

Author:nekonote
★本州の西方でプジョー207という仏車と、GSX1300R Hayabusa(K8)に乗っています☆
◆スパム防止のため、コメント等は承認制としております。◇
▼なお、たまに気が向いたときにしか更新、ログインしません。▽

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
Link
google

yahoo

allabout

wiki

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
オンラインカウンタ
現在の閲覧者数:
アクセスカウンタ
閲覧者数(累計):
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。